食べ物で基礎体温UP|健康・美容効果が期待できる温活のススメ

ウーマンたち

枕を専門店で探す

ウーマン

現代人の悩みで多いのが肩こりと言われますが、普段の姿勢をよくすることで解決が望めると専門家は話します。 それに付け加えて通販や枕専門店でオーダーメードができる、自分の体に合う理想の枕を使うようにすすめています。

詳細へ

ホルモンの働き

レディ

女性ホルモンが減ってしまうと様々な症状が引き起こされます。そんな症状を避けるには、ホルモンを増やす必要があります。生活習慣の改善や増やす食べ物を摂取することで増加につなげることができるようになります。

詳細へ

自分に合ったものを選ぼう

足

足裏シートを購入する時には、成分や価格を比較するとともに実際に使用したことのある人の口コミなどを参考にすると良いでしょう。ただし、全ての人に同じような効果を得る事が出来るとは限りませんので、注意が必要でしょう。

詳細へ

食材で内から改善

婦人

食材で内から改善

体の基礎体温を上げることで体調の改善を目指す活動である温活には、実に様々な手法があります。首回りなどの太い血管が通る箇所を重点的に保温する方法や、入浴方法を工夫することで効率よく体の深部を暖める方法、ストレッチや運動により血流を良くする方法、体を暖める効果のある食物を摂取する方法等、多岐に渡ります。その中でも人気の温活手法の一つとして、食事により体の中から暖める手法があります。日々何気なく口にしている食材にも、体を暖める効能がある食材と体を冷やす食材があります。体を冷やす食材は夏場に食べるには良いですが、寒い季節に温活を行うには、どの食材が体を暖める効能があるか知り、それらを意識的に摂取することで冷えにくい体質を得ることができます。

効能が高い食材

体を暖める効能がある食材は、ニンジン、玉ねぎ、ゴボウ等の地中で成長する根菜類と冬場が旬となる大根やカボチャなどが挙げられます。体を冷やす食材にはトマトやナス、キュウリといった夏が旬の食材が挙げられます。寒い季節の温活では根菜類や冬場が旬の食材を積極的に摂取することで冷えにくい体にすることができます。また、食材の中でも積極的に体を暖める効能を有するものがあり、その代表格として生姜があります。生姜を加熱すると生じる成分であるショーガオールは体の冷えをとる効能があることが知られています。この時、生姜を生で食べるとショーガオールが生成されておらず、体を暖める効果が出ないことに注意が必要です。生姜は中華料理でよく用いられるように炒める調理法、生姜シロップにして温かい飲み物に入れるといった方法で効率的に摂取することができます。